新居完成内覧会

今日は家族で、
新居完成特別内覧会、2会場へ出かけてみた。


今までも何回か見に行ったことがあるんだけど、
新居の内覧会は、
モデルハウスとは違って実用性があり、
とても参考になる。


自分が住むわけじゃないのに、


 「お~~、ここはいい感じ、凄い、凄い!」

 「えぇ~、ここはもうちょっと○○の方がいいんじゃない?」

 「なにこれ?なんでこうなの?」


等々、勝手に注文をつけて、
好き勝手に見て歩くのが、面白い。


今日見せていただいたお宅2件は、
まったく両極端のお家で、
ホォーーーーー・・・と、感心するばかりであった。



新居内覧会1つ目。


エーーーーーー!!こんなとこ入っていくの??
って言うような狭~い道を入って曲がってどんどん進んで・・・・・、
と辺り一面果樹畑の中に、その家はあった。

OMソーラー、県内産杉材による木の家・・・、
ってことなんだけど、本当に大丈夫??
と、とても心配な道のりだった。


果樹農家のお宅で、
元々ある、ふっる~~い大きなお宅の隣に、
日本庭園を囲んでその新居は建っていた。


一言で言えば、どこもかしこも

木・木・木!!


柱も床も壁も天井も、
そして、机も椅子も戸も、
とにかく家の中にあるもの全てが木だった。


パッと入った瞬間は、
木の洞穴の中に包み込まれた感じで、
なんとなくホンワカ温ったか~~い。
(玄関のコンクリのところには、
 転々とビー玉が埋め込まれていて可愛かった。)


でも、柱のヒノキ以外に
使われているものは、
節目がこれでもか!!ってぐらいいっぱいあって、
ちょと、気になって落ち着かない。

やっぱり、壁は白がいい。


それに、木は上薬等が塗られずに
木肌がそのまま生かされているから、
使い込むうちに
だんだん色の違いが出てきて(手垢とかで)、
汚くなるんだろうナァ~~・・・と、
いらぬ想像をしてしまう。


キッチンとリビング+畳の間が
対面で繋がっているが、
そのキッチンの目の前を横切って、
階段が登っていく。

???、なんか、変な感じ・・・・・。


しかも、階段の鉄の手すりの色が
そして、その階段の前には、
真っ赤な布製のソファー。

施主のラブリーカラーだそうだが・・・・・、
ちょっとビックリ!!


2Fは2部屋と、キッチン上に皆でくつろぐのか、
ロフトっぽい空間があった。

2Fの2部屋は、狭い。
寝るためだけの部屋?って感じだ。

狭いけど、屋根の傾斜をいかした天井は高く、
ロフトと、収納が付いていて、
山小屋風だった。

う~~ん、子供が喜びそう!!
(ってすね子が一番喜んでる??)



不思議だったのは、リビングから見て、
キッチンの背後に大きめのダイニングがあること。

なぜにココに??

・・・・・と思いつつ、奥へと入っていくと、
 

 「ウワァッ、すっご~~~い!!」


とみんなで思わず叫んでしまったほどの、
なんとも見晴らしのいい、お・ふ・ろ!


果樹園の傾斜地を利用してたてられたこの家の
一番の見所ではないだろうか。

眼下に広がる果樹園や街並み・川、
しいては、川向こうの山並みまで、
全て大パノラマで浴槽から眺められる。

まるで、露天風呂のよう。


ただ一つ、アァ~もったいない!!と思ったのは、
大パノラマのその窓のど真ん中に、
スチールの太い柱が1本あること。

 
 「何で何で、こんなところに柱があるの?
  いますぐ取って!!」



と、思わず言いたくなってしまった。
あぁ~~、もったいな~~い。



ガラス同士で、
直角にはめ込むことだって出来るだろうに・・・
(以前見せてもらったお宅で、そういうところがあったぞ!!)


それに、遠くからお風呂が丸見えなんだって。
(対岸で他に建築中の家があって、そこから望遠鏡で見えるそうだ)

だから、あとからブラインドをつけちゃうんだってさ。


それじゃ、この大パノラマの意味、

ないじゃん!!

(これも以前見せてもらったお宅で、
 大通りに面したお風呂が全面ガラス張りだったけど、
 通りからはまったく見えない特殊ガラスになっていた)


せっかくなんだから、もう少し努力してよ~~、
建設会社さん!! 


浴室の隣には、
もったいないほど広い洗面所とトイレがあった。


トイレ・洗面所・お風呂の全面には、
ひろ~~い廊下が走っていたが、
日当たりがいいそうで、
木製の物干し竿までセッティングされていた。

その窓の外には、
かつてからある(らしい)日本庭園がよく見える。
すっきりとした庭園で、
日本情緒がよく現れていた。

 「いいなぁ~~、ココ~~」

と、思わず窓際に座り込んで、
お茶でもすすりたい気分になった。


新居はそこで終わりだったが、
母屋(旧家)から廊下つながりになるように、
さらに手を入れるそうだ。

つまりは二世帯住宅だったのだ。


そっか!!それで判った!!
ダイニングがキッチンの背後にあった訳が。
 


キッチンとダイニングの間には、
なんだか面白いものがあった。

暖炉・・・ではないのだが、
煮炊きのできる暖炉のようなストーブ(燃料は灯油)が
壁面に設置されていた。
(農家なのでジャムを作ったり、煮炊きが多いので、
 暖を取るのと両方兼ねる方法を考えたのだそう。)

さらにその上にアミが設置されていて、
温かいものを保温しておくような仕組みにもなっていた。


また、今流行のOMソーラーを取り入れているので、
屋根の熱源を床下に回して、
床暖房システムを導入しているんだけど、
このキッチンの暖炉のようなストーブ熱も、
同時に床暖房システムに取り込む仕組みになっているんだって。


ただただ、へぇ~~・・・と、関心するばかり。



今の技術って凄いんだなぁ~。

OMソーラーの家は、1年半ぐらい前に1度見たけど、
その時よりも、俄然進化してる!!(当たり前か)




全部見終わると、

 「こちらでお茶でも・・・」

と勧められたので、

 「転勤ゾクなので、
  家を建てるときの参考にしたくて、
  見せていただきました」

・・・と言って、早々に失礼しました。

施主さんからは梨のおみやげを、
建築会社さんからは、パンフとタオルを頂いて・・・。

 
あっ!建坪と坪単価、聞いてくるの忘れた・・・。
アァ~~~。
参考までに、聞いてくるんだった・・・・・、
トホホ。


と思いつつ、
母屋前の広い庭の、
庭木の間でゴロンと横たわっているタヌキの置物が、
いい味を出していて、
思わずニコリ・・・としながら、眺めてきました。



今日は、大切なお宅を拝見させていただき、
どうも、ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック