自然現象

先日死んでしまったキアゲハの幼虫は、
すね子が手を貸さなければ生きられたのか、
それとも元々ダメだったのか、
誰かに聞いて、スッキリしたかった。


そんなすね子の気持ちに
USAKOさんと伊丹昆虫館の野本さんが
ご丁寧にコメントを下さった。



おそらくは自然現象で、
病気か何かで、
何をどうしようとも
助けられなかったであろう・・・




とのことでした。


残念だけど、
すね子とすれば、
ちょっと救われた気がする。
(って、自分勝手なんだけど)

あの時、手を出さなければ・・・
という後悔があったから。

でも、何をどうしても無理であったならば、
諦めがつくから・・・。






幼虫から蛹になるということは
とってもとっても大変なことで、
多分にして死に至ることが多いとか・・・。




食性動物であるから、
またその食欲旺盛がたたって害虫扱いされ、
農薬にやられることも多いそうだ。


農薬の中には、
故意に脱皮・蛹化できないようにするものもあるとか・・・

読んでいて、
恐ろしくなったよ。





確かに幼虫さんは、ものすごい食欲!!

捕まえて飼ってみると、
愛着が出てきて可愛いけど、

一生懸命育てている野菜の葉を
1・2日で食いつぶされたら・・・・・、
そりゃ~、殺してやりたくもなるだろうな!!






でも、ヒラヒラと蝶が舞う姿を見ると、
すね子は何とも言えず優雅に感じるし、
より多くの命が代々育まれるといいなぁ~と思う。



車に乗っていると、
それらの生き物に激突し、
命を殺めてしまうことが多い。


それって思っていることと、
やっていることと違う!!・・・
そうなんだけど、
現実には車がないと
生活が成り立たないので、仕方が無い。


なので、せめてもの罪滅ぼしに?
後ろに車が居なければ、
減速したり止まったりして、
よけたりもしているけど、

やっとの思いで誕生した生命が、
食べ物を求めて、
または子孫を残すべく
相手や場所を求めてさ迷ううちに、
命を落とすことの方が多いのだろうなぁ~(´`;




あぁ~、現代的ないい暮らしがしたい・・・
ってそんな風に思う反面、

自然豊かな中で、
たくさんの生き物達とふれあい、
心穏やかに暮らしたい・・・
と、相反する思いを抱いているすね子なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック