うれしい出会い

すね子がピアノを弾く間
ランランを託児に出すことにした。


先日サポートさんのお宅でひと時を過ごし、
今日、ランラン一人でサポートさんと時を過ごした。

そう、託児デビュー!


そんなふうにいうのかどうか知らないけど、
まぁいいや。




ランランはすね子にベッタリちゃんだったので、
どこへ行っても大泣きで
離れてはくれない。



すね子の実家は例外で、
夫の実家でも
どちらの親戚の家でも
行くとこ行くとこどこでも大泣き。



これじゃあ人には預けられない・・・



いままでずっとそう思っていたけど、
先日サポートさんのところへ行ったら、
ぜんぜんなんてことはなかった。


すね子にすがりつくでもなく、
ちゃんと隣で一人で座っていた。

慣れたのかな?
ただ単に成長の一過?

でも、ピアノ合わせに行った時は、
ちょっと泣いちゃったり、
そばに一緒にないとダメだったりしてるもの・・・。
きっと、サポートさんとの愛称もよく
安心してこの場所に居られるんだろうな。



しばらくすると、
家の中を探検したり・・・、
ニコニコと愛嬌をふりまいたり・・・、


あまりに普通すぎて、
なんだか拍子抜けしてしまった。



でもでも、お陰で安心して預けられる。
良かった良かった(^^)




・・・・・ということで、
今日の託児デビューも
泣かれることなく迎えられた。

預ける時に、
ちょとだけ泣きそうだったけど、
一緒にお宅へお邪魔して、


「あ、忘れ物しちゃったから
車にいってくるね。
待っててね。」



というと、「うん」とうなずき、
なんていうことなく脱走できた。

はぁ~~、良かった。




サポートさんと、
公園行って、ブランコのって、滑り台して・・・
とお散歩してもらったり、
お家でお絵かき(いや殴り書き・・)したり、
楽しくひと時を過ごせたみたい。
それも良かった。



すね子も短い間だけど、
誰の邪魔もされず、
練習もできたし、
何もかも良かった、良かった。



そしてなによりも、
ランランを安心して預けられるサポートさんに出会えたこと、
そして、そのサポートさんとのふれあいが、
すね子の心も軽くしてくれたこと。
本当にありがたく、感謝です。



親族でもなく、知り合いでもない。
音楽との関係もなく、
アパートとのつながりもない。
そんなサポートさんと出会え、
支えてもらえることを、
うれしく思う。

今まで抵抗があって、
踏み出せないでいた世界だけど、

こういう出会いが持ててよかったと思う。



これからがスタート、
良い関係を持ち続けられますように。

サポートさん、
これからもよろしくお願いします。


ほっとして家路につき、
穏やかに午後の日をむかえられた日だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック