世界最小グランドピアノ

今日、めったに見ないワイドショーを見ていたら、
凄いものを見てしまった。

セガが開発した



世界最小グランドピアノ



本物の6分の1のサイズ、
それでありながら、ちゃんと88鍵、
3本ペダルで、ちゃんと音も出る。
鍵盤の幅はなんと4mm


弾くことよりも、

いかに本物そっくりに

忠実に再現されているか



がこだわりどころとな。



100曲の自動演奏がセットされ
20曲ずつ内臓されたチップ?が
随時追加発売されていくそう。


もう、目が釘付け



見ているだけで、
今すぐ欲しくなってしまった。



ちなみに定価は

4万9350円 (だった、確か!?)



うぅ、ちょっとお高いけど、
手のひらサイズと小さいし、
移動も楽に出来る。

ほ・ほ・欲しい~~~~~!!




発売は4月1日




え、まさかエイプリールフールじゃないよね?
ちゃんと発売されるんだよね?



さてさて、一体、どのくらい売れるのだろうか??


グランドピアニスト

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

akiyo
2006年12月02日 16:14
結構前から書いているのですね!だんだんさかのぼって見てみます。
とりあえず、この記事。4mmって、指が入らん~!!
弾くことよりも本物そっくり、がこだわりだから、仕方がないけれど、鍵盤数が半分でも、8mm幅がある方がうれしいなぁ。だって楽器だもん、弾きたいよねぇ。
あ、私、8mmでも、無理かも(爆)。
2006年12月05日 14:24
いらっしゃいませ~。
うふふ、思わず自分の指の幅を測りそうになりました・・・(^^;
自分で弾ければ一番だけど・・・、うん、でもコレはこれで私はいいかな?と。自分で弾くならやっぱり、でっかくて、音のいいグランドがいいなぁ~。

この記事へのトラックバック