ご試食

夫の仕事関係で、
新製品のご試食やら、
ご相談というのに
たまに付き合わされる。


以前いたところでも、

売り上げをもっと上げたいけど、
どうしたらよいか?・・・・・


という悩みに答えるべく、
色々と考えさせられた。


その都度、
そのお店の商品を
いろいろいただけるのは嬉しい。


が、


お店の存続がかかっているだけに、
そうそう簡単に
喜んでいるわけにはいかない。




こんな風に、
全神経を集中して
物を頂くなんて
そうそうあることではない。

どこぞの高級レストランに行って、
マナーは??などと考えながら
緊張していただくのとは
また違った緊張感が有る。




昨日はまた、
そんな思いをさせられた日だった。

まだチョビーもランランも
ハミガキ前だったので、
家族揃っていただいてみた。


率直に言って、


美味しくない!(≧≦)



レセプションで、
某老舗旅館の亭主と行ったイタリアでは、
美味しい、美味しい
大絶賛だったらしいが・・・。

ちょっとこれは、
日本人には
いただけない・・・と
すね子は思った。


チョビーもまた、
一口食べて


「美味しくなぁ~い」


と言い、
ランランは顔がこわばり、
無言で首を振っていた。




そのお店は和菓子屋。
だがその製品は、
ティラミスをモチーフとし、
当地の冬の名物品を使って
アレンジしたものだった。


洋菓子だって、
見た目は綺麗だし、
パッと華やかな印象がある。

和菓子もまた、
落ち着いた面持ちと、
見た目の美しさや
繊細さがあるお菓子だと思う。


でも、その製品は、
どうもその点でいまいち。

以前に頂いた数々の商品も
そんな感じだった。

おそらく、
そのお店、
作り手の感性が
そうなのであろう。



その試作品の
着眼点がいいだけに、
もったいないなぁ~・・・と
グサッと痛い意見だろうけど、
夫に伝えた。


もっと心を砕いて、
細心の注意を払って、
お菓子を作って欲しいと思う。

やはり心を砕いたものには、
パッと見たときに
買い手に通じるものがある。
だからこそ、
買いたい・・・と思うのだ。

さあ、プロとしての心意気を、
見せてもらいたいなぁ~・・・と
ちょっと期待。



こうすると美味しくなるかなぁ~・・・

との具体的な意見も添えて、
夫に後を託す。

すね子のように、
ズバズバということは出来ないだろうけど、
きちんと改善点は伝えてくれるだろう。




以前のお店も、
キツイであろう率直な意見を、
夫なりにどう伝えたのか?
すね子の意見を全部やってみたそうだ。

それを聞いて、ビックリしたけど、
それだけ煮詰まって、
切羽詰っていたのだろうな。



入っていた大型店が
長期にわたり店舗改装となるため
他に構えていた店だけで
今まで以上の売り上げが出ないか・・・?
との悩みを抱えていたのだが、

数々のお店を見て食べ、
(県外まで、行ってくれたんだって・・・凄い)
商品がガラッと変わり、
味もグウ~ンとよくなって、
売り上げもうなぎのぼりになったそう。


大型店の新店舗が出来てからも、
敵対的存在だったコー○ーコーナーがなくなり、
変わりにシェフタ○ギのショップが入ったが、
駐車場事情がよくないことが功を奏し、
売り上げは全く減らなかったそうだ。



「売り上げもいいみたいだよ」

「美味しくなったねって言われるんだって」


と嬉しそうに夫が言ったことがあったので、
来客の時に買って出してみた。
以前なら、
そこで買おうとは考えなかったけどね。



お客様も、


「まぁ~、綺麗!
変わったケーキね。
これどこの?」



と聞いてくださった。
すね子が作ったわけじゃないのに、
とっても嬉しかったなぁ~。
もちろん、
お勧めしちゃいましたよ、しっかり!!






さてさて、
今回の試食品は、
どのように変化していくのか??
有る意味、楽しみである。

きちんと商品化され、
発売された折には、
ここで紹介してみようと思います。
ネット販売もしているお店なので・・・。


乞う、ご期待。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック