「子供に本を買ってあげる日」!?

一昨日、学校から帰ったチョビーが面白い事を言いました。




「お母さん、今日は何の日だと思う?」


「えぇ??何だろう~~??
 わからないなぁ~??!」



「今日はねぇ~、

 〝子供に本を買ってあげる日〟

 なんだってよ」



「なにそれ!!
 そんな日あるの??」



「だって、先生がそう言ってたもん。
 だから、本買って」



「何言ってんの??
 チョビーは毎月本買ってんだから、それでいいでしょ?!



「・・・・・あ゛ぁ~、そうだね・・・」




と。





本当に、そんな

〝子供に本を買ってあげる日〟

なるものがあるのか??


なんだかキツネにつままれたような気分でした。







そして次の日。





「これぇ~、昨日出し忘れちゃったぁ~」



とかばんの中から、

〝子供に本を買ってあげる日〟

の詳細が書かれたパンフを持ってきました。



「ちゃんとその日のうちに出してよね」

と、一喝いれ、シゲシゲと見てみました。






早い話、



ユネスコが、シェイクスピアとセルバンテスの命日を記念し、
4月23日を「世界・本と著作権の日」を宣言し、


欧米、特にスペインでは、4月23日を
「サン・ジョルディの日」として、
本を贈る習慣があります。


社団法人読書推進運動協議会が、
毎年、4月23日から5月12日までを
「子ども読書週刊」と定めて、
子どもの読書活動の普及・啓発を図っています。




ということで、

4月23日には、

〝子どもに本を買ってあげましょう〟

ということらしい。






「先生がねぇ~、
 『お家に自分の本がある人』
 って言ったらねぇ、一杯の人が手を上げたんだけど、

 『自分の本がない人』
 って言ったらねぇ、一人だけ手を上げた人がいたよ」



と衝撃的なことを言いました。





えぇ!!ほんと??




今のこのご時勢、
自分の本が1冊もない子なんて、
本当にいるんだろうか??


家に本はあるけれど、
兄妹みんなのもので、
誰か一人のものではない・・・


そういう概念の家もあるだろう。



でも、もしかしたら、
おもちゃやゲームはたくさんあるけれど、
本は、なかったりして・・・・・








まぁ~、どんな理由にしろ、
本を読むことはとても大事なことだと思う。


幸いにも、チョビーランランは、
寝る前に本を読む習慣が出来ている。

そうじゃなくても、
よく本を引っ張り出して、
見たり読んだりしている。


以前親戚からお下がりでもらった
10数年前の子ども百科を
コレでもか・・・・・と毎日読み続けているので、
入学祝にとすね子母が
同じ本の最新版を買ってくれた。


基本的なところは同じなんだけど、
やはり最新の情報になっているので、
二つを並べて、
その違いを見入るのに、
また楽しみを見つけているようで、
必ず、毎日読んでいる。


たまには、他の本を読んでもいるけど、
ぜひ本を読むことを、
この先長く続けていって欲しいなぁ。









「お母さんは、学校の時本読んだ??」


「一杯読んだよ。
 毎日3・4冊は借りてきて読んでたよ。
 
 3年生までは、教室の本しか借りられなかったんだけど、
 お母さんは教室の本のほとんどを3回も読んじゃってつまらないから、
 先生にお願いして、〝特別だよ〟って言って
 図書館の本を貸してもらったことがあるんだよ。」



「へぇ~、そうなのぉ~。凄いねぇ~。
 一番読んだ時って、何冊??」




「何年生の時だったかなぁ~?
 図書カードが24枚になったことが合ったよ。
 
 確か、1枚で12冊借りられたから、
 ・・・・・288冊だね。
 おぉ、結構読んだねぇ~」



「ふぅ~ん、だからババチャン家にも
 たくさん本があるんだね」



「そうだよ。
 チョビーも、ババちゃん家の本、
 みんな読みなよ」



「・・・・・






何か買って欲しい本でもあったのか??
(春休みに、すね子母が
 「小学1年生」を買ってくれたので、
 もしかしたら、それかな??)


墓穴掘ったように、
すね子実家の本、全部読めぇ~~!!
なんて結末になってしまったけど、


気の向くまま、
読書家の道をひた走ってくれよ、チョビー。
(すね子は、挫折しちゃったから・・・ね






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月25日 15:07
入学おめでとう! 毎日楽しく通学しているようで、よかったですね。それに、とてもいい先生みたいね。そんな先生と一年間が過ごせるチョビーちゃんは、幸せね。
学校のことも、地域によって、ずいぶん違うんですね。
うちの子たちも、小さいときから、読み聞かせてあげていたので、本が好きですが、自分で読めるようになってからは、私の手抜きで読み聞かせが減ってしまって。ちょっと本離れが始まってますね・・・。いかんいかん。でも、子供達、遊びに、宿題にと忙しくて、本をゆっくり読む暇がないのも実情。夜は寝つきがよくて、1分もあれば、入眠です。すごいなあ。(^_^;)
こたろん
2007年04月26日 08:22
本を買ってあげる日ですか^^。チョビーもランランも本が大好きなんて、素敵だよね^^。
ありちも保育園のころは毎晩絵本を読んであげてました。
今は恐竜街道まっしぐらだけどねーー(--;
ちなちょは絵本広げるの大好きだけど、なぜかいつもさかさまです。(りっくんも・・・謎)読んであげると「余計なことするなあ!!」のごとくいなくなりますねえ(^^;

そのうちだんだん楽しさがわかってくれるといいなあ^^。
2007年04月26日 23:39
★もとさん
 本当に、先生にめぐり合えて良かったですよ。先生赴任して4年目なので、クラス替えまでいてくれるのかな??とちょっぴり不安もありますが・・、それより先に転勤にならないことを祈りたい!!

本は時間を見つけてはたとえ5分でも自ら読んでます。なかなか読み聞かせてあげられないのが申し訳ないんだけど、このまま読書好きが続いてくれることを願うばかりです。
2007年04月26日 23:52
♪こたろんさん
 ちなちょちゃん、可愛いなぁ~。しかし、なぜに逆さか??
ランランも一時期あったけどね。ピアノ弾いてると必ず背を向けて正座して、絵本逆さまに掲げ、声高らかに意味不明な朗読してたよ(^^;
お子ちゃまって、大人的には??な事を真剣にやってたりするよね。

母は何かと忙しいので、なかなか読み聞かせに付き合えないのよねぇ~!?でもたまには、恐竜の世界に一緒に浸ってあげたらどう??!うっ、コワ( ̄ ̄;
NHKコミュニケーションズのカタログ見るたびに、「この恐竜のDVDは、ありちくんにぴったりじゃん!!」って思うのがあるよ。もう持ってるかな??結構詳しいみたいだよ。(^^)

この記事へのトラックバック