春の味覚

一昨日買い物に行ったんだけど、
足りないものがあったので、
昨日、再度農協へ行きました。

そしたら、タラノ芽が並んでました。
春ですねぇ~


おそらく一昨日もあったのでしょう。
こごみも、ワラビもでていたので・・・


でも、一昨日はもの凄い人出だったので、
必要なもののみGETして、
サッサとスーパーへ向かってしまったので、
タラノ芽を見なかったのです。




すね子は、季節季節の食材は
無理してでも買って食べるようにしてます。


実家にいた頃や、
その付近に住んでいた頃は、


「もらったから・・・」


と、季節の物が手に入ったり、
自ら取りに行くこともあったので、
わざわざ買って・・・というのは、
どうしてももう一度食べたいから!!
ぐらいの理由の時でした。


でも、今のようにそうでない状況下で暮らしていると、
目に留まった時に買って食しておかないと、
時期を逸してしまうことがある
なので!!
無理してでも買って食べるのよ。


春は、夏は、秋は、冬は・・・と
季節季節の食べ物を知っている大人はいいけど、
子供たちは食べて覚えなければ、
何が何だかわからないし、
好きなものを、好きなときに食べる・・・
が当たり前に成ってしまう。


それでもいいのかもしれないけれど、
やはり「今しか食べられないもの」を食べる、
そのありがたみ、その味を知って欲しくて、
こだわっているのよ。


そもそも、これだけの自然に囲まれているんだから、
その恩恵を受けないでいるなんて、
もったいなさ過ぎるもの。



さらに、

和菓子を食べる時は、
お抹茶を点てる


食べ物じゃないけど、

玄関とトイレには必ず花を生ける


これも同様に、こだわっているところ。



いつも必ずそうしているから、
夫も子供もよくしたもので、
自然に当たり前のこととして対応してくれ、


「お抹茶美味しいね」


とか、


「今日はお花が変わったね」


と必ず、心を寄せてくれるから
こだわって良かった・・・と思うのだ。



・・・とかなんとかいって、
すね子母も義母も
お花・お茶の師範なので、
それぞれがこれまでも当たり前のように接してきた・・・
ということが一番の根底にあるんだよね。





・・・・・というわけで、
タラノ芽を見て、
買わずに帰るわけもなく、
1パック200円のものを2パック購入しました。

おひたしにしようと、
こごみを買ってあったので、
それとあわせて、

急遽〝春の恵み天ぷら〟

を晩のメインにしちゃいました。




ランランは

「にがぁ~~い


と、ダメそうでしたが、


チョビーは、


「このタラノ芽美味しい!!」


とパクパク食べていました。






前に、ホタルイカを捕りに行った帰り、
山に寄り道して、
たくさんのタラノ芽を取った話をしたり、
思い出にも浸りながら、
春の味覚を堪能した夜でした。



あぁ~、ここに
ホタルイカがあったなら・・・
もっと良かったのになぁ~~・・・


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月28日 23:24
おいしそう♪ 季節のものを食卓に上げるのは、大切なことなのですね。わかってはいるけれど、なかなか実行できないのが、辛いところ。料理下手だし~(ToT)
でも、そんなこと言っていては、子供達に何も教えて上げられない。反省・・・。せめて、たけのこは食べさせてあげたかった・・・。
2007年05月01日 00:28
一見難しいことでもあるんだけど、〝今しかない食材〟を使うことによって、マンネリ献立が改善される!?利点もあるかなぁ(^^;

もとさん!!やっぱり、もう一度<たけのこ>買わなきゃですよ!!(^^)

この記事へのトラックバック