・・・・・( ̄ ̄;

明日このアパートから引越しをする方がいる。


ご主人はもう半年も前に越していってしまって、
残された家族だけなんだけど、
なんとも疑問が多いことばかり。



明日はチョビーの学校の運動会。
引越しされるお宅にも小学生のお子さんがいらっしゃるんですが、
運動会には子供だけいくのだそう。


それを聞いたチョビー


「えぇ??かわいそうだね。
運動会出ているのに、
誰も見にこないなんて・・・



そおだよねぇ~。
子供だってそう思うのに・・・




ちょっと変わった方で、
コレまでもトラブルメーカーって感じでもあった方ですが、
時たま機嫌がいいときにいろいろ話た事を思い出すと、
本当は心が寂しくて、
何か抱え込んでいるもの(連鎖とか)があるんだろうな・・・
そう思えてなりません。




お仕事されてるところで、


「あのアパートの人達と私は違うの!
一緒にしないで!!」



って言っていたそうで、
確かにある意味、違う人だと思う。

それは間違っていない気もするけど、
もっと普通に出来なかったかな??
そう思うことがたくさんある。


とってもにこやかに挨拶する時と、
知らん顔の時と、
その時の気分によって全然態度が違うんだよね。

それでもすね子は、
挨拶しても帰ってこなかったことがないから、
他の方よりはまだいいのかもしれない・・・






引越しの日が近づくにしたがって、
さらに一層、周りを寄せ付けないオーラーが出ていた。

もちろん、態度も強硬にそうだった。



「何考えてるんだか・・・」


とみんなは呆れ果てていたね。

もちろんすね子もそう思うけど、
なんだかちょっぴりその胸のうちが、
何となく判るような気もするんだよね。


頑なになりたい気持ち。
みんなとは違うのよ・・・って言いたい気持ち。
挨拶したときとしないときの気持ち。


多分これまで、ここのアパートだけじゃなくても、
嫌な思い辛い思いをさせられたことがあるんだと思う。

すね子もいろいろあったから、
何となく判る。





今回は新居を建ててそこへ入るための引越し。
そういう意味ではとっても羨ましい。

でも、まだすね子より5歳も若いんだけど、
完全同居型の新居だそうで、
そういう意味でのストレスもあるみたい。






約1ヶ月前、「あのさぁ~」
って珍しく話しかけられていろいろ話したとき、
子供の学校のこと、将来のこと、
心の中にわだかまっていることを吐き出すかのように、
いろいろ質問され、相談された。


最後に


「あぁ~、ホント考えちゃうよ、
(この結婚全てが)間違っちゃったよなぁ~って・・・」



と言った一言が、
彼女の言動の全てを物語っているようで、
ただ単に、他の人のようには怒れない。




「同情されたくない!」

ってもちろん思ってるだろけど、
彼女を見ていると、
可愛そうに思えてしまう。


もっと素直に、甘えたり自分が出せたら、
そんなに頑なになる必要はないのでは??

もっと人を信用することが出来たら、
楽に生きられるのでは??


彼女を見ているとそう思う。


そして、全然関係ないのに、

すね子がしたいと思っていたことは何か・・・

それを改めて認識させられた。







明日の引越し、
ダンボール等が届いてないところを見ると、
完全お任せ・・・?

掃除もハウスキーパーを入れるんだって。



人のことなのに、
運動会の日に引越しなんて、
お弁当どうするんだろう??
って心配になっちゃうよ。


完全お任せなら、
時間も出来るから、
運動会も見に行ってあげられるかな??

等々、いらぬ心配もしてしまう。






今日の夕方のあいさつ回り、
気をつけていたんだけど、
いらしたことが判らなかった。


「すみません」

ってすぐさま電話したけど、
留守電だったので、切ってしまったら、
しばらくたって、あちらから電話が来た。


怒って、無視かな??

って思ったりしたから、
ちょっと嬉しかった。


直接会って話はできなかったけれど、
外で会うときと違って、
柔らかい感じの彼女の声を聞きながら、
少しお話が出来たこと、
ゴメンナサイって直接言えた事、
最後に後悔が残らずにすんで良かった。


うれしいはずの新居への引越し、
やっぱりわだかまりが心にあるみたい・・・


「遅かれ早かれ仕方ないことだけどね・・・」


って、自分にも言い聞かせているみたいだったけど、
寂しさで一杯って感じがした。




「お元気でね」


としかいえなかったけれど、
彼女の心の中の寂しさは
十分感じとれた気がする。






いつかどこかでまた会うことはあるのかな??

町で偶然・・・って程度かもしれない。


見ず知らずの人みたいに、
ただすれ違うだけで言葉は交わせないかもしれないけど、
スラッとして素敵な彼女に出会えたらいいと思う。





腐らずに、前向きに、生きていって欲しい。

子供のためにも、
少し肩の力を抜いて、
心の重荷を下ろせたら良いね。

やさしい子供さんの姿を見ると、
彼女にある優しさなんだろうな・・・
そう思うよ。

もっとそれが自然にたくさん出せたらいいのにね。



あの日、ふとタメ息を付いて言った一言が、
すね子の頭から離れない。

どうもしてあげられないから
そんなことを願って、
お別れです。


きっとすね子には忘れられない人になると思う。
なぜかは判らないけど・・・



お元気で。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック