ハシゴして・・・

最近どうも腰の調子がよくなくて、
毎日毎日シップは欠かせない。

結構沢山もらってあったんだけど、
そろそろ底を突いてきたので、
なくなる前に・・・と、
かかりつけ医に行って来た。



事前に看護師さんの問診が必ずあるんだけど、
シップをもらいに来たことと、
先月が結構辛い状態だったことを伝えておいたら、
先生のところに呼ばれて顔を見るなり、


「一度整形に行きましょうよ!!」


って開口一番、言われてしまった




チョビーが1歳になる頃と、
ランラン産んですぐに掛かったきり、
整形外科には行ってない。


その時も、


「骨盤がずれてるって言えば、ずれてる。
この位は産んだばっかりだし、子育て中だからしょうないよ。
まぁ、コルセットでもして様子見て



って、とってもにこやかに言われて終わってたんだよね。




そっかぁ~、しょうないのかぁ~・・・と、
ずっと諦めてきたんだけど、



「3年の間にもっと悪くなってることもあるし、
先月の状態を聞くと、
やっぱりはよぉ~診てもらったほうがいいに!」



って、言われてしまいました。





「紹介状書くでな・・・」


と仰るので、
大人しく言うこと聞いて、
病院のハシゴ・・・してきました。







「専門の大きな病院へ行ったほうが本当はいいけど、
いきなり行くと、大分待つから・・・」



と言うことで、
開業医か、中規模病院のどちらがいいか??
を先生と考え、
開業医だと、レントゲンしかないけど、
家の近所の中規模病院は一応MRIもあるそうなので、
家の近所に行くことに。




まさか病院のハシゴするなんて、
まったく想定外だった。
いつもの病院行って診てもらって、
薬局行ってシップもらって、
小1時間もあれば帰ってこれると思っていたのに・・・


飲み物も食べ物も何も持たずに行ったので、


「喉かわいた、お腹すいた・・・」


とランランヘロヘロ



仕方ないので、次の病院へ行ってから、
待っている間に売店で買い物しました。





「完全予約制なので、
どれだけ待つか判りません」



と言われ、ちょっとおののきましたが、
出直すのもなんだったので、お願いしました。


事前にレントゲンを撮ったんだけど、
かつてないほどにたくさん撮られ、

4ヶ月前に胃検診でレントゲン受けてるんだけど、
こんなに放射能浴びてもいいかしら??


と、ほんのちょっぴり思ったりもしました。




さてさて、それから先が長かったぁ(≧≦;

たしか10時過ぎに病院に来たはず。
時は過ぎに過ぎて、
もうすぐ12時になるころ、


「ほらぁ~、もうあんな時間だよぉ~。
お家帰ろぉ~。
お腹すいちゃったぁ」



そう時計を指差していったランラン。
最近だいぶ、時計がわかるようになってきていて、
お昼の時間がわかったみたいでした。



10時半頃、お腹すいたというので、
お菓子の変わりにおにぎりを買って食べさせたんだけど、
そうだよねぇ~、お腹もすくよねぇ~。


もうすぐかも、もうすぐかも・・・
と騙し騙し待っていたんだけど、
1時を過ぎても順番は回ってきません。

仕方なく、もう一度売店に行ってみたけど、
今度は食べるものがなく・・・
数個のパンが残っていたけれど、
「おにぎりがいいのにぃ~」と断固拒否され、
マーブルチョコを見つけて嬉しそうだったので、
仕方なく買ってあげました。


でもあんまり食べさせたくなかったので、
1粒食べて数十分・・・と我慢させ、
3粒食べたところでやっと順番が回ってきました。






あんなにたくさんのレントゲン撮ったのに、
先生の前には2枚の映像しかありませんでした。

でもね、それがとっても重要な部位だったのですよ。



改めて先生からの問診。
そして、足を持ち上げたり、
力の入れ加減を見たり、
ハンマーで手足を叩いて反応を見たり・・・

むかぁ~し、陸上をやっていて、
ドクターストップ掛かった時にしてもらったようなことを
またやりました。



「反応は悪くないね。
特別今すぐどうのこうのっていう悪いところはないみたい。

今痛みを発しているのは、ココ!
(レントゲンの正面図、骨盤のちょっと左側を差した)

横から見ると、ココなんだけど(・・・ともう1枚の方)。

これは生まれ持った体型、骨格だからどうしようもないんだよね。
ココの骨の付き方が問題なんだよ。

通常だったらこの角度で・・・・・」



と専門的な説明が続いたんですけど、
ようするに、骨の形状がよくないと。

よって腰に痛みが発生するということのよう。


「このままほおっておけば、椎間板ヘルニアだよ。
減ってしまった椎間板は元には戻せないから、
これ以上症状が出ないようにするしかない。」



とのことだそうです。


椎間板ヘルニア・・・

脳裏の隅にちょっとだけ予想していたその言葉、
先生の口から出た瞬間、
あぁ~、ついにぃ~~・・・そう思いました。


陸上での運動は禁止。
(まぁ、もともとドクターストップもらってますけど・・・ね)
プールへ行って、運動しましょうって。


「水中歩行か、クロールね。
平泳ぎはダメ、バラフライなんてもってのほか。
まぁ、背泳ぎは意味ないからね・・・」



だって。

さらに


「もう太っちゃダメだよ。
・・・って今が太ってるってことじゃないよ。

体重の増加が腰への圧迫を増やし、
痛みと異常を引き起こすから、
そういう意味でね、
絶対に体重を増やしちゃダメだよ。

今、運動してないってことは、
付いてるものは脂肪だから、
その脂肪を筋肉に変えることをしましょうね。」



って。


そばに居た看護師さんが、


「産後、体重戻ったでしょ??」


と仰るので、


「戻りましたけど、
妊娠前と比べると4K増で、
検診行ったら去年より1K増えてました」



って言うと、


「それそれ、そこが問題なのよ。
そうやって1年1年増やさないように、
気をつけないとね」



と、厳しいお言葉を頂いちゃいました。

はい、その通りでございます。
気をつけねばです。






「なにか運動してますか??」


って聞かれたから、


「なかなか運動できないので、
お茶碗洗って拭いてしまう時に、
少しでも歩いて動いたほうがいいと思って、
1枚1枚拭くたびに歩いてました」



って言ったら、


「ダメダメそんなことしちゃ。
歩いたり、マラソンなんかしちゃだめだよ。
腰に悪いから、歩いちゃダメ」



だって。




ゲッ・・・・・

良かれと思っていたのに、
悪化させていたのか・・・




「子育て中だから大変だろうけど、
たまにはご主人に子供さん預けて、
のんびり温泉にでも行ってきなよ」



なんて、先生軽く言ってくれました。


「えぇ~、それはぁ~・・・・・
(小声で)ありえなぃ~~。
逆なら、あるんですけどねぇ~」



というと、


「まぁ、そうかもしれないけどね、
本当はその位してもいいと思うよ。

ガラスの腰を持ってるんだから、
椎間板破裂しちゃったら、
普通の生活なんて出来ないんだからね。

家族の協力がないと、
やっていかれないですよ、ホント。

『私の腰はガラスの腰なのよ』って言って、
ご主人に家事をどんどん手伝ってもらってください」



って言われちゃいました。


うぅぅぅぅぅ、そうですか・・・・・



すね子夫殿、結構手伝ってくれてるほうだと思います。
周りの人の話を聞くと、申し訳なくて、
家の状況はいえませんもの


なので、これ以上、やって!!
なんて、いえましぇ~~ん(≧≦;




筋肉の緩和が痛みを軽減するそうで、
2週間は薬を飲むように言われました。

それを飲んでも痛みが軽減されないようなら、
薬を変えることと、MRIを取ったほうがいいそう。


うぅ~ん、本当に、
腰痛いんだよね・・・
って笑ってられない状態なんだな・・・と、
身の引き締まる思いでした。




今日の成り行きを、
遅くに帰宅した夫に話しました。


「爆弾抱えてるんだなぁ~、すね子は。
大事にしなくちゃダメだな。
プール行こ、プール。
俺もやせたほうがいいしさ、
プール行って泳ごう!!」



ってなんだかちょっと嬉しそうでした。

すね子の事を理解してくれているのはわかるんだけど、
それをかずけに自分がプールに行きたいんじゃないのかいな??



まぁ、身体によい事だから、
たまに行って運動でもしてこようっと。

あぁ~・・・でもこれからマイホームをって時に、
出費がかさみます


キッチンはビルトインの食器洗浄機付がいいなぁ~・・・とか、
昨日もネットでいろいろ見ていたところだったんだけど、
そんなのますます腰に悪いじゃないですか!!

上手く行かないもんですなぁ~。




でも、今日、病院のはしごして良かったぁ

なんとなく自分でも今までとは違うような気がして、
変な病気じゃなきゃいいけどって思ってたんだ。


「腰の痛みが、
婦人科系の病気から来ることもあるので、
いつもと違う症状がないか、
そちらにも気をつけていてくださいね」



って、念を押されたので、
そちらも合わせて、気をつけていかなくちゃ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

こたろん
2007年10月18日 13:19
ガラスの腰かぁ・・・
そこまでの診断が出るのなら、セカンドオピニオン、ちゃんととっておいたほうがいいよ。腰の診断て、病院によってけっこうバラバラするから怖いときあるもんね。
お大事にね。
2007年10月18日 14:49
☆こたろんさん
そうだねぇ~。全然関係ないけど、昨日の占いでは「言われたことを鵜呑みにするな!」でした。
先生の見立てにも寄るんだろうね。実家の方の前に掛かった整形に(結構評判がいい、判る??)診てもらおうかな?ってちょっと思いましたよ。

まぁどっちにしても無理せず、「腰と背中の筋肉をつけるように」って前から言われていたので、そうすべきなんだと解釈しようかと思っています(楽天的すぎ?)。

ありがとね。こたろんさんもお気を付けを。

この記事へのトラックバック