うれしい日

29日、先日運命的な出会いをしたお相手さんと、
家族揃ってご対面してきました。


お人柄は、
先日℡でお話して感じたのと、
美術館の方が仰っていらした通り、
なんとも誠実な方でした。

同世代ということもあって、
時折美術館の方も交えて、
2時間も話し込んでしまいました。


まだまだ話は尽きないのですが、
先方もお忙しいでしょうし、
東京からいらしているのでお疲れでしょうし、
すね子達も長居はできないので、
後ろ髪を惹かれる思いで失礼してきました。


来年の3月にまた・・・・・

と美術館の方から当面の予定をお聞きしましたが、
それ以前にもまたお会いできるといいなぁ。




とっても待ち焦がれたこの日。

誠実で真面目そのもののお人柄に、
夫も心底惚れ込んだようでした。


すね子も最近は、
人の醜さ、腹黒さに辟易しているところだったので、
本当にとても幸せな気分になりました。


双方ビックリな運命的な出会いに、
感謝感激の日でした。 





ご対面は午後だったけれど、
少し早めにお弁当持参で出発

途中広々とした公園によって来ました。


画像



写真奥の方に、
まだまだ広い場所があって、
遊具などもありました。



ボーイスカウト、ガールスカウトの軍団や、
追悼集会をしている人々、
その他にもネイチャーゲーム等々している人など、
ひっろぉ~~い公園内には人がたくさん。


昼食休憩くらいによっただけだったので、
今度は遊具で遊んだりしに来てみよう。



ほとんどの桜は散ってしまってましたが、
まだ少しだけ咲いていて、
ちょっと冷たい風と共に花びらが舞い、
とっても幻想的でした。


画像



この写真の桜、
通路の際に咲いていたんだけど、
落ちている花びらがめちゃくちゃ大きいので、
ふと、頭上を見上げてみました。

枝もしなっていて、
1輪1輪の花の大きさがしっかり見えました。


画像



1輪の大きさが500円玉くらい。
本当に、おっきい!!

いったい何という名前の桜なのでしょうか??

ちょっと調べてみよっと。



他には、八重桜も見事でした。


画像





隣の文化会館では、
絵画の県展をしていたので、
ちょっと覗いてきました。

うぅ~ん、失礼ながら、
あまり目の保養にはならんかった。



会館の案内板には、
声楽の恩師のコンサートポスターがありました。

なんと!!夫会社が主催。

そういえばこの前持ってきたチラシに書いてあったっけ。

会員なので、一般料金の半分ですむし、
久しぶりに先生に会いに行ってみようかな??







帰りは、美術館の方が来年の3月に・・・
と仰った会場、かん○○ぱ○ガーデンへ寄ってみました。


一度は行ってみる甲斐はある・・・


と聞いていたので、
ちょっと期待していたんだけど、
なんてことはなかった・・・。


自社製品を試食できるところがあったので、
すね子はグレープフルーツゼリー、
残りの家族はグレープゼリーを頂きました。


売店にもご試食ゼリーが置いてあったので、
チョビーは梅、夫&すね子は柿、
ランランはトマトを頂いてみましたが、
実家方面の土産名産〝み○ず飴〟の現代版みたいなものでした。

こんなところで〝み○ず飴〟を・・・
と夫婦揃って、ゲンナリ・・・・・



ランランは


「にっがぁ~~い」


と言ってなかなか飲み込めず、
口の中で貯蔵?


チョビーは好物なので、
一つでは物足りなかった模様。





閉店まで1時間を切っていましたが、
まだまだ人がたくさんいました。

みなさん製品をたくさん買い込んでましたが、
いまやどこのスーパーでもあるのになぁ~・・・
(しかも、工場だからって安くなってないし
と思いながら眺めていました。



そとにはチューチップが綺麗に並んでました。


画像




「チューリップといえば、なのに・・・」


と、話している年配の方がいらして、
そういえば赤いチューリップがないことに気づきました。

なんででしょう??
ありふれてるから??

いやいや、ただ単に、
植えた人の好みだったりして・・・・・


って、どっちにしたって、
大きなお世話・・・、ですね。



こちらはチョビー撮。


画像



なかなかいい構図です。

以前撮ったスイセンも


画像



そういえば上手にとってました。

絵好きがいい効果をくれてるのかな??




飛び石連休の今日、
とっても収穫の多い、
いい一日でした。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック