食べられたぁ~(≧≦;

お昼を作ろうと台所に立った際、
ふと海の仲間達の水槽に目が行ってビックリ!!



あれぇ~!!



チビカニちゃんが、
ワタリガニ君のおしりにガブリッ!!と噛み付いていた。



このチビカニちゃん、
捕まえた時は小豆くらいの大きさだったんだけど、
何度か脱皮したのか??
(でも抜け殻は一度も見ていない)
随分大きくなって小豆3つ分は裕にある。

チビちゃんなんだけど、
とっても食欲旺盛で、
しいていえばちと凶暴
故に、してやられた・・・って感じ。








ちょうど目の前に脱皮したてのワタリガニ君が居たのか?
はたまた何やら美味しそうな臭いでもしたのか



発見した時は、
まず黄色いワタリガニ
その後ろにちょっと黄緑っぽいカニ
さらにその後ろにチビカニちゃん・・・と、
一瞬3匹のカニが繋がって並んでいるように見えたから、

と思ってジックリ見てみたら、
チビカニちゃんが、真ん中のカニ君のお尻をムシャムシャしていたのだ。


でも、食べられているのは抜け殻の方で、
一番前の黄色いカニが出たてのワタリガニ君だと思っていた。





けれど、何分たっても一向に動く気配がない。

脚も何本か取れていたし、
脱皮で精根尽き果てた??
と思って、突いたり動かしたりしてみた。

すると、どうもなんか変。
目がない感じだし、
死んだとしても、なんか精気がない。


もしやこっちが抜け殻??・・・
と調べてみると、



抜け殻は、黄色い。
出たての方は青々しい。
取れた脚は脱皮して再生する。
一番の違いは目。



と、ポイントが書いてある物があった。



それにしたがって
再生した脚と目をよく分析してみたら、
どうやら残っているほうが抜け殻で、
食べられたほうが出たてのワタリガニ君らしい。


普段は硬い殻に包まれて身を守っているけれど、
脱皮したては身体が柔らかく、
脱皮中・直後は狙われやすいそう。


どうも、その一例となってしまったようだ。






少し前に名前を調べていたら、
ワタリガニだと判った。

国産で、しかも生きているととても高価な値が付くのだそう。



OLをしていた時、
歓迎会で地元のおすし屋さんに連れて行ってもらって、
手のひらサイズくらいの大きさのワタリガニのから揚げを頂いたことがある。
それはそれは、とっても美味しかった。


大きさは全然違うけど、
その時のカニの形が全く同じだったので
ワタリガニかな??・・・・・と思っていたら、
やっぱりそうだった。

さすがに飼っているものは食べる気にならないけど、
うぅ~~ん、実に残念。



どのくらいまで成長するか、
見てみたかったなぁ~。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック