コンサート

毎日毎日梅雨路線まっしぐらな天候で、
やたらに雷はなるし
気分もめっきり沈みがちです。


さて珍しく、
予定ビッシリ!な週がスタート。

初日の今日は
未満児さんとその親対象のコンサートから。

ランラン、未満児さんじゃないけど、
未就園児ということで応募しちゃいました。




9:30スタートなので、
遅れないように準備してGO


2年前に出会ったこのコンサート、
年に3~4回くらいやってるのかな??

去年の最後の方は行かなかったので、
随分久しぶりだったし、
今回は芸大出身のP&Vlのお二人だというので、
ちょっと期待していきました。




ほぼ定刻どおりにスタート。


お若い方なのかと思っていたら、
Pの方もほどほど・・・
Vlの方はいいお年でした。




曲目は

 
   愛の挨拶(エルガー)
   金婚式(マリー)
   子犬のワルツ(ショパン)ーPソロ
   アベマリア(グノー)
   ガボット(ゴセック)
   ロマンス(ベートーヴェン)




時間にしてほぼ30分きっかりくらい


お二人とも場馴れしているというか、
弾きなれている感じで、
とてもハイレベルな演奏でした。


失礼ながら、Vlの鳴り、
音むらがあったのがとっても気になって、
もっと安定していると良かったなぁ。


いきなり1曲目で弓の糸が切れたけれど、
それもしっかり進行に取り入れて、
「記念にどうぞ・・・」なんてあげてるところは堂に入ってました。





すんごい間近にハイレベルな演奏を聴けて、
親的にはとっても嬉しかったけれど、
お子ちゃま的には結構厳しかったよう。


2曲目から打って変わってガサガサ、ギャーギャー。


季節感をあらわす曲もなければ、
子供受けする曲もなかったので、
かなぁ~~~り反撃にあっていたような気がします。


まぁ、聴きに来ていたお子ちゃまの年齢も、
今回はかなり低かったこともあるんでしょうけれど・・・。




それにめげずに演奏されたお二人は凄いけど、
奏者と観客の間には深い深い溝があった・・・
といいましょうか、
別世界のものを編集して1つに合わせているかのような
違和感がありました。

とても落ち着いて心静かに聴きましょう・・・

とは行きませんで、
かなりの集中力を要しました。




きっと、連れてこられたお母様方も


「もう!!静かにしてよ。」


って、
随分焦ってらしたのではないでしょうか??

そういう気持ちって
敏感に子供に通じちゃいますからね。




クラシックの有名な曲で、
このくらいのレベルのものくらいきちんと聞いて欲しい・・・
そう思うんですけどね、
実際には厳しいですよね。


子供対象のコンサートって、
本当、難しい・・・








さて、今回のヴァイオリニスト、
ボランティアピアノメンバーのMさんのお嬢様が師事している先生とかで、
東京シティフィルの第2Vlコンマスなんだそう。

とてもお忙しくて、
また立場的にもそうそう来てくださるような方ではないとのこと・・・。



東京シティーフィル??・・・
どこかで聞いたような・・・??



大学OB会の県支部長をなさっている先生の息子さんと
以前一緒にコンサートをされた方ってそこじゃなかったっけ??

と思って調べてみたら・・・



・・・全然違った。






でも、ちょっと思い出したので、
書いてみよう。

その方(←ポチッ)、一応後輩にあたる方で(すね子よりずっとお若いです)
一見のだめに出てくるリュウのような感じの方。


すね子はお話ししたことはありませんが、


「シャイだけどとっても面白くていい青年よぉ


と、支部長先生が仰っていらしたことがあります。



先生の勧めで
地元で行われたコンサートに行きましたが、
バイオリンのネックを
指でつまんで持ってプラプラさせながら、
まるで犬の散歩でもしているかのようにステージに登場し、
丁寧に・・・とは程遠い

〝ペコッ〟

というお辞儀をして、
ハイテクニックの強烈な演奏を聴かせてくれる方でした。


あまりのことにビックリ!!でしたが、
釘づけになるような、
パワフルで素晴らしい演奏でしたっけ。



そして、演奏はもとよりビジュアル的にも納得なんだけど、
全国的追っかけがたぁーーーくさんいるとかで、
その時も会場は満席、
すね子も立ち見で見てきましたよ。





今日のコンサートの方も
〝題名の○い音○会〟
にオケメンで出演されることがあるとのことですが、
↑の方もよく出てましたね。

当時は新星日本交響楽団のコンマスで出ていましたが、
今は神奈川フィルのソロ・コンマスに就任されているようです。


さらに、さらに、
とあるピアニストさん(←ポチッ)とBEEというコンビを組んでご活躍なようで、
これまたビックリ!





このピアニストさん、
音楽科にいたころ客員講師でいらしてくださり、
ご一緒にお食事してお話しましたっけ。


皆で記念撮影もしたのに、
主任ったら、
誰にも焼き増ししてくれなかったよ


あぁ~、今からでもいいから、
主任!!写真下さい!!








そういえば、大学入学当時、

1年だけで留学してショパンコンクールで入賞した人・・・

と、4年の先輩方が思いで深そうに話してくださり、
かなり話題になっていたと思ったら、
翌年1学年下に舞い戻ってきて、
これまたビックリ!したんだっけ。





HPも見てみました(↑ポチッとしてみてください)。


講師でいらしたときとは随分ビジュアル的に変化していて、

ーーー髪型はすっ飛んでるし、
ピアスしてるし、
何よりお肌がとってもきれいだわぁ~
ーーー

これまたビックリ!!


多分にVlの方の影響を受けてるんだろうなぁ~??






全く関係ないつながりで、
とんでもないところへすっ飛んでいったけど、
うぅ~ん、BEEの演奏を聴いてみたくなってきたなぁ~。


ご興味のある方は是非どうぞ。

お二人ともとてもパワーのある演奏をされるので、
さぞや凄いと思いますよ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

GYOPI
2008年06月26日 16:40
芸大出身の方の演奏は、
きっとすばらしいものだったんでしょう。
でも対象者によっては、今回のように
残念ですけど、溝が出来てしまう事は
多々あると思いますね~
そういう時に居合わせると、
「ああ・・・いいものなのに・・・
惜しいなあ・・・」と
思ってしまいますね。

ちなみに私達ボランティア音楽隊も
秋~冬に園児対象に演奏するんですけど
こちらはなんと!「羞恥心」やります。
ぶっ飛びすぎですか・・・???
でも「しゅーちしーん!」て
手を振ってくれる子供達が想像
出来ちゃいますよね(笑)
2008年06月27日 14:47
流行り物にはすね子も疎いんですけど、やっぱり時代の波は取り入れなきゃですよね(^^)

どんなに技術的にハイレベルなものを持っていても、TPOにあわせた選曲が出来るかできないか・・・それも実力だとすね子は常々思っています。特にクラシック畑オンリーで来た方ってその辺がちょっと足りない気がします。

この記事へのトラックバック