またまた、週末はコンサート。

新聞記事で見つけた、
ちょっと難しそうなコンサートに行ってきました。


教育音楽の祖・・・と言われる伊沢修二先生が留学したブリッジウォーター州立大の教授陣によるコンサートで、
学生時代の音楽教育の授業では、
嫌というほど伊沢先生のお名前が出てきたこともあり、

内容はいかがなものか??

と思いつつ・・・
興味本位で行ってきました。






まずはプロローグとして、
ニ胡とピアノの演奏。


ニ胡の音はとても柔らかく且つ深みがあり、
なんともウットリするような音色でした。

失礼ながら、
高音の扱いがすね子的にはイマイチでした。

でも馬の鳴き声のようで、
ああいうものなのかな??


ピアノの音色が硬くて強いのが不釣合いだったのが
ちょっと残念だったなぁ~・・・




そして次はいよいよ教授陣の演奏。

初めは女性のN教授の演奏で、
Ravel、Gershwin、Rahbeeの曲をそれぞれ3曲ずつ。

楽譜を見て・・・
というのがちょっと残念だったけど、
演奏はそれはそれは大迫力で凄かった。


始まる前、
トイレで偶然お会いしましたが、
明るくて、なんとも気さくな方でした。



そして10分の休憩を挟んで、
次は日本人のT准教授の演奏。

時間が押しているということで、
3曲ほどカットになってしまったけれど、
演奏してくださった曲はどれも凄かった


バークリーで学ばれ、
日本人初の准教授となられた方だということで、
本場のジャズを思いっきり堪能させてもらいました。


演奏中は、

「お主はグールドか??」

というほどの唸りや声が聞こえ、
チョビーもすね子夫殿も
驚きつつも笑いをこらえておりました。



演奏法も独特でしたよ。

弾きながら足を高く上げて踏み鳴らしたり、
立ち上がって片手で弦を琴の様に弾き始めたり・・・


ハチャメチャ・・・とも思える行動全てが
音楽そのもので、
なんともいえない絶妙な味をかもし出していました。


弦を弾き始めたときは、
思わずキーシンの〝♪おもちゃのチャチャチャ〟即興演奏を思い出しましたよ。






最後は、
プロローグで演奏された方のニ胡とのコラボ。

コンサート前に1時間ほどあわせただけ・・・
とのことでしたが、
ピアノの音がニ胡の音を邪魔せず包み込むようで、
絶妙なバランスでした。


やっぱりプロは違うなぁ~・・・

と、思い知った感じです。



N教授とのコラボでは
プログラムにはない愛の挨拶〟を演奏してくださいましたが、
音階的にニ胡には合わない曲だな・・・と。

ピアノとの音の高さがイマイチで、
とっても気持ち悪かったぁ。






でも、今日のコンサートでは、
まさかこんな濃厚なジャズを聴けるとは思ってもみず、

もっと聴きたい・・・

と思い、
一番聴きやすそうなCDを思わず買ってしまいました。




「サインしましょうか??」


とお声を掛けてくださったので、
しっかりサインを頂き、
一緒に写真も撮っていただきました。






実は、お恥ずかしながら、
すね子はこれまでジャズコンサートというものに行ったことがありません。

軽いジャズアレンジというか、
ジャズ風な曲を演奏・・・
というレベルでは聴いたことがありますが、
ここまで濃厚で、
まさに本物のジャズを聴いたのは初めてで、
度肝を抜かれたのはもちろん、
T先生の演奏には
心を奪われてしまいました。


音色といい、
ピアノの鳴らし方といい、
そして何よりアレンジがなんともいい。

日本歌曲や聴きなれたクラシックをジャズアレンジして演奏してくださいましたが、
それはそれは素晴らしかったです。


途中、ジャズ特有のアドリブに入ると、
さらに濃厚さがまして、


「さて、何の曲だっけ??」


と思うほどですが、
要所要所にしっかりメロディーが登場し、


「あぁ、そうそう、この曲この曲」


と、思い出させられます。





前半は


「退屈ぅ~~


と言っていたチョビーも、
このジャズには目がランランでニコニコして聴き入ってました。


一方ランランは、
15分ほどガサゴソしていて、
すね子&すね子夫に怒られてましたが、
あっけなく夢の世界に行ってしまったので
お陰で静かに堪能できました。





すね子夫も、


「まさかこんな高度な演奏が聴けるとは・・・」


と、驚きつつも
とっても喜んでましたね


できることなら、
今日の演奏の音源が欲しい~~





今日ばかりは、


「来させてくれてありがとう」


と、素直に感謝の言葉が言いたくなりました。




「そう言いたい、いい気分だよな」


と、すね子夫からも返事が帰ってきて、
さらに嬉しくなりました。



3週にわたり、
連れまわされたチビどもはかわいそうでしたが、
とってもいい週末を過ごさせてもらいましたね。

本当に、ありがとう。



そしてT先生のCDを、
今後も集めて行きたいし、
また、機会があったら、
是非、生演奏を聴きたいな。













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック