困り者?!

昨日は、チョビーの学校の参観日でした。

休日なので、夫に・・・と思っていたのに、
まんまと逃げられました



参観日の前に2時間ほど、
クラスの保護者の懇親会がありました。


前回の学級PTAで決めたことなんだけど、


「前期はお昼に、
後期は夜に・・・」



と、ノリノリの会長さんに反して、


「去年までのクラスでは一度もやらなかった」

「年に2回もやる必要があるのか・・・」

等々、かなりキツイ反撃が多数あり、


「親睦を図るために必要で、
去年までの○組は
そのお陰でとっても仲良しでいいクラスでしたよ」


なんて会長さん、
クラス替えしてこれから仲良く・・・って時に、
かなりヤバイ発言をしておりました。


そんな経過があったからか??
参加者はたったの9名。

しかも会長さん、
真っ先に来て受付するどころか、
20分近くも連絡なしで遅刻してくるし・・・


すね子も考えに考えた末の参加だったので、
辞めとけば良かったか??
なんて思ってしまったよ。



でもでも、
授業のあり方や指導法について等々、

えぇ??初耳!!


ってなことを沢山耳にし、
あまり気分のいいことではないけれど、
参考になりました。


その様子を嫌そうに見ていらっしゃるお母さん方も数名いらっしゃいましたが、
その内のお一方が出口で声を掛けてこられ、


「先日公園でお会いしましたね。

今日のお話は、
皆さんがそう思われてるわけではないので、
信じることはないですよ。

チョビー君はクラスの中でもしっかりしているって内の子が尊敬してましたから、
心配いりませんよ。

また公園にいらしたら、
今度は一緒に遊びましょうね




と仰いました。


チョビーが言うには、
クラス一優秀なお子さんだとか・・・

そのお母さまからそんな風に声を掛けていただけたことは
とってもうれしいんですけどね、
なんだかとっても複雑で、
苦しい気持ちになりました。




そんな直後の参観は、
本当に憂鬱。

さっきの話は本当か?

と、実証検分でもするかのように
授業を観察してしまいました。



前回の参観日でも思ったのだけれど、
授業の開始と終了の挨拶がなく、
なんとなく始まって終わって・・・
が今回も同様で、
しまりがないのがとっても嫌でした。


授業は国語、
辞書の学習だったのだけれど、
辞書をひく際のポイントを口頭で説明・復習しただけで、
プリント課題に入ってしまい、
一度も板書されることがありませんでした。


しかも、そのプリント
いくつかの言葉を
辞書に出てくる順番に答えるというものなんだけど、
かなり悩む問題でした。

一体、辞書を使用してよいのか、
自分だけの力で進めるのか
何の指示もなくわからず終い。

さらに、全員が終わったのか否かの見定めもなく、
まだ課題に取り組んでいる子がいるのに、
なんとなぁ~~く答えあわせが始まっちゃうし。



それも、下を向いてプリントに向かいっぱなしなので、


「わかんねぇ~」


とか、
いろいろサインを送っている子供たちには気づかず・・・



その上、9問ほどの問題で、
先生3個も答えを間違え、
親や子供から指摘されるし





答えくらい事前にチェックしろ!

って思ったし、


「最初の2問くらいしか確認しなかったから、
どんな問題かよくわからなかったよ。
結構難しいねぇ~この問題」



なんて仰るのには
思わず閉口しました






この学校5年目、
年齢的にも良いお年で
学年主任もしているから
当たり!!の先生だと誰もが思った様子。

すね子もしかりだったけれど、
いろんな話を聞いたり、
授業の進め方を見ていて、
思わず指導を入れたくなってしまったよ。




その後の学級PTAも
なんとも冷ややかな感じで、
いち早くその場を去りたい気分でした。



家に帰ってすね子夫に報告しつつ、
チョビーにあれこれ質問し、
実際はどんなか??を、
白黒はっきりさせたくなりました。


事なかれ主義のチョビー君、
ちょっと捕らえ方が違うところもありましたが、
半分くらいは話のとおりのようで、
かなりガッカリ


学校に任せていたらダメだわ・・・


との夫婦共通理解となりました。



あぁ~、頭の痛いことでございます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック